メランコリー親和型の性格|様々なうつ病の種類と症状|正しい検査方法と治療を実現する
女の人

様々なうつ病の種類と症状|正しい検査方法と治療を実現する

メランコリー親和型の性格

医者と看護師

日本に住む人々の中には、「真面目で几帳面」「責任感が強い」「完璧主義」といった性格の人が少なからず存在するでしょう。そういった性格のことを一つの性格の種類として「メランコリー親和型」と呼び、特にうつ病になりやすい性格だと言われているのです。この種類がうつ病を患いやすい原因は、決めたことを遵守する強い責任感にあります。メランコリー親和型の人というのは、突発的なスケジュールの変更や仕事のミス、残業、環境の変化等によってストレスを受けやすいのです。例えば、突発的なスケジュールの変更の場合、多くの人は柔軟に対応することができるでしょう。しかし、メランコリー親和型の人というのは、スケジュール(決まり事)が変わった(遵守できなかった)と判断してしまい、パニックに陥ることがあるのです。

様々な性格の一種類であるメランコリー親和型の人というのは仕事のミスが発生した時、周囲に迷惑を掛けてしまったと深い罪悪感に苛まれます。また、仕事が作業時間に終わらなかった場合にも、自分よりも仕事を優先してしまい人より多く残業してしまうのです。つまり、何かあった時、メランコリー親和型の人というのは自分のための休息時間やストレスを発散するための趣味に使う時間等を仕事やその他のことを優先してしまうために確保できず、ストレスを多く溜め込むということになります。溜め込んだストレスはうつ病の原因となり、発症後にもその性格から症状を更に悪化させていってしまうのです。重度のうつ病になると生活もままならなくなり、自殺念慮が強くなっていきます。そういった事態に陥らないためにも、自分自身の性格を把握しておくことは大切です。自分自身の性格を把握することによって、どういったシーンでストレスを溜めてしまうのか、どう回避すれば良いのかを考えることができるでしょう。そうやって、自分に降りかかる様々な負担を軽減していくことが、うつ病の予防・改善において重要なのです。例えば、仕事に関することで、作業時間までに仕事が終わらず残業してしまうといった時、自分の時間を犠牲せずに周囲の人に助けを求めましょう。誰かの力を借りることによって、自分の時間を残しつつ仕事を終わらせることができるのです。このように、性格の種類によってうつ病を患いやすい人というのは、自分自身の性格を理解し向き合うことが大切になります。