産後のうつについて|様々なうつ病の種類と症状|正しい検査方法と治療を実現する
女の人

様々なうつ病の種類と症状|正しい検査方法と治療を実現する

産後のうつについて

レディー

人生において結婚というのは大きなイベントですが、その後には妊娠・出産という夫婦にとっての一大イベントが待ち構えているかと思います。多くの人は、出産に対して喜びを覚えることでしょう。しかし、出産をきっかけに「マタニティーブルー」と呼ばれる症状に悩まされてしまう可能性があるのです。マタニティーブルーは、産後うつ病とも呼ばれており、出産を経験した女性の殆どが体験していると言われています。夫婦において、これは乗り越えるべき壁となるでしょう。この病気は、出産した女性だけでなく、その夫である男性も知っておくべき病気です。夫にあたる男性側がマタニティーブルーに関して理解しておくことによって、一緒にその問題を乗り越えていくことができるでしょう。

うつ病の種類の一つであるマタニティーブルーの特徴としては、出産後すぐから2週間後に掛けて発症するという点にあります。その原因は、体内のホルモンバランスが乱れることにあると言われています。症状が落ち着くのは発症から10日から2週間後だと言われており、最終的には問題なく育児に専念することができるでしょう。しかし、マタニティーブルーを発症している期間はストレスを受けやすく、それが原因となってうつ病の種類の一つである「産後うつ病」を発症してしまう危険性があるのです。そのため、症状が治まるまではしっかりと療養することが重要になります。マタニティーブルーの症状としては、理由もなく悲しくなったり、不安を抱いてしまったり、育児に対する意欲が湧かなかったりと様々です。不眠等の身体的症状も現れるでしょう。マタニティーブルーに陥っている女性は、些細なことでも精神的に影響を受けてしまいます。つまり、非常にデリケートな状態になっているのです。その状態では育児はできませんので、夫にあたる男性やお互いの両親の協力が重要になります。

マタニティーブルーの女性はネガティブな感情を抱き続けるため、喧嘩に発展するような場面が数多くあるはずです。しかし、そういった場面に直面したとしても、相手のことを理解してあげることが大切になります。もし、喧嘩に発展してしまい、女性側が過度なストレスを受けてしまうと、産後2週間から3週間後から3カ月の間にうつ病の種類の一つである産後うつ病を発症してしまう可能性があるのです。産後うつ病は出産を経験した女性の10%から15%の方が体験しており、回避すべきリスクです。マタニティーブルーから産後うつ病に移行した場合には、精神科や心療内科での治療が必要になります。自身の子供の成育も考えて、早めに治療を受けることをお勧めします。産後うつ病は、うつ病の種類の一つである大うつ病と同じように、不安・イライラ・過食・食欲不振・不眠・自責・興味喪失・意欲喪失といった症状が見られます。それらの症状が重くなってしまった時には、抗うつ剤による投薬治療が行なわれるでしょう。基本的に、赤ちゃんへの影響を考えて抗うつ剤は使用しませんが、症状の重さによって止むを得ず使用する場合があるのです。そういった状態に陥らないためにも、マタニティーブルーの症状が発生している期間のサポートが重要になります。母親の精神状態が不安定になると、赤ん坊にも悪影響を及ぼしてしまうため注意が必要です。