鬱病には種類があるのを知っていますか?

様々なうつ病の種類と症状|正しい検査方法と治療を実現する

メランコリー親和型の性格

医者と看護師

性格にというのは、人それぞれ異なるものです。様々な性格の一つの種類として、「メランコリー親和型」と呼ばれるものが存在します。メランコリー親和型の特徴というのは、うつ病を患いやすいという点にあるでしょう。

詳細

産後のうつについて

レディー

女性は出産後、マタニティーブルーという精神が不安定な状態になる症状に悩まされます。その時、家族のサポートがしっかりしていなければ、うつ病の種類の一つである「産後うつ病」に発展する可能性があるのです。

詳細

躁うつ病について

女性

うつ病には様々な種類があり、双極性障害もその一つとされています。双極性障害は「躁うつ病」とも呼ばれており、「躁状態」と「うつ状態」の両方が現れるといった特上があるのです。それらの症状の傾向は全く異なるもので、それぞれ周期的に症状が入れ替わります。双極性障害を患っている人というのは、お金の浪費が激しくなるといった特徴が見られます。もし、自身の金銭感覚に関して、浪費癖が激しいと感じる人がいるのであれば、双極性障害の疑いがあると考えても良いでしょう。ここでは、双極性障害を患ってしまうとどういった症状が現れるのかを考えていきます。

躁うつ病と呼ばれる双極性障害は、うつ病によって気持ちが落ち込むと、所有欲を満たすことによってストレス発散するといった躁状態による行動軸によって過度な浪費・散財するといった悪循環を繰り返す病になります。しかし、うつ病の症状により、どれだけ所有欲を満たしても、まだ足りないように感じてしまうのです。生来、そういった性格の人もいますが、双極性障害を患っている人というのは突発的にそれらの症状が見られます。また、多弁・多動・注意散漫等の症状も見られるため、それらの症状に思い当たる点があるという人は精神科にて正しい診断を受けてみることをお勧めします。現代では、「光トポグラフィー」検査によって、複数種類の精神疾患の中から自身が双極性障害を患っているのかを70%から80%の確率で特定できるようになりました。正しい診断を受けることができれば、正しい治療を通してより早く病気を完治させることができるでしょう。

うつ病の種類は双極性障害の他にも数多く存在しており、それぞれ特徴的な症状が見られます。また、うつ症状に似ている全く別の病というのも存在するため、診断が難しい病気となっているのです。光トポグラフィーは、その診断をより正確なものにすることを補助することができる画期的な最新の医療機器です。導入している精神科や心療内科はまだ限られていますが、その注目度は高く徐々に普及していっています。うつ病の治療には、その種類を特定し、正しい薬と処方量で治療を進めることが大切です。光トポグラフィー検査によって、それを実現することができるでしょう。もし、そういった検査を受けたいと考えているのであれば、インターネットを利用することで光トポグラフィー検査を導入している精神科・心療内科を調べることができます。

非定型うつ病の症状を知る

男性

非定型うつ病は様々な種類のうつ状態の内の一つであり、本人や周囲から特に認知されづらいものとされています。非定型うつ病の症状について知り、症状が当てはまるのであれば優良な専門医による診断・治療を受けましょう。

詳細